公務員を早期退職してから1年が経過した

今日で公務員を早期退職してから1年が経つ。

まだ1年なのだが、

公務員時代のマンネリ生活とは違い、毎日刺激的な時間を過ごしており、

もう3年くらい経っているような感じがしている。

立場による制約と、時間的制約からも解放され、

全ての時間は自分のもの。

思うがままに人生そのものをデザインできる。

だが、当たり前のことだが、

自由とセットで責任がのしかかってくる。

家族の生活費を確保し、

保険や年金、税金も全部自分で考え、手続きしなければならない。

また、生き方や活動の場が変われば人間関係も変わる。

変わり目には色んな思いが胸を駆け巡る。

楽なことばかりではない。

何かと引き換えに失うものがあったり、

苦しいこと、辛いこと、迷ったり悩んだりすることも多々ある。

だが、そうしたことを全て引き受けながら、私は私の道をゆく。

今日は、今年初めてDRに乗って山の空気を吸ってきた。

今の岩見沢も季節の変わり目。

私は、

辛いことや苦しいことを見ないようにしたり、無理やり振り切ったりするのではなく、

全て抱えながら歩いていくつもりでいる。

その中で、自分の底から湧き上がってくる力を感じながら、

自然な流れに身を任せていきたい。

岩見沢の雪解けが進んでいるが、

草木に生気が漲ってくるのはもう少し先。

大地に雪解け水がしみわたり、

やがて、草木たちが陽の光を浴びながら水をグイグイ吸い始める。

私も同じリズムで。

1件のコメント

  1. おはようございます。
    人生一度限りですものね〜
    悔いのない様に、自分が納得した生き方が理想ですよね〜👏

コメントを残す