中途半端を味わっている

ここまでの私は中途半端である。

私なりの歩みを刻んでいるので悪くないのだが、

どちらかと言うとまだ中途半端である。

道半ばであっても、

迷いなく打ち込めているなら中途半端にはならないものだが、

今の私はそこまでのめり込めてはいない。

中途半端なまま終わる可能性もある。

それはそれで悪いことではない。

そうしたことを受けとめていくことも大切なことだと思っている。

だが面白いことに、

こうして旅をしていても、

「打ち込みたい。」と思うことがあったりする。

もちろん旅は楽しいのだが、

特に人と会ったりしていると、

旅をしている場合ではないような気持ちになることがある。

何人かの人と会ったばかりの今は、その意味で少し疲れている。

気を紛らすようにして忙しくすることは簡単だが、

今の私は違うものを味わおうとしている。

掻き立てられるようにして動き回るのではなく、

無から、自分の奥の方から何が湧き出してくるか観察したいと思っている。

そう思いながら、

私は人目を気にしている。

そこら辺は既に覚悟ができているつもりでいたが、

これが私であり、

今回はそこを感じ取るための旅をしているのだと受けとめている。

楽しみにしていた今回の家族旅行も終わりが近づいている。

今、私は妻と2人で長女の部屋にいる。

息子は一足先に帰道し、

長女はさっき夜勤に出掛けた。

来月からは息子も社会人となる。

私は私で、公務員を早期退職してから間もなく1年になる。

じんわりと湧いてくるものが私の中にもある。

「今はこれでいい。」

なんとなくそんな感じがしている。

コメントを残す