意気込まない、緩い春

岩見沢の積雪深が129cmまで下がってきた。

まだかなり積もっているが、気持ちはすっかり春モードになっている。

北海道の冬はとても長いが、

こうしてみるとあっという間でもあった。

退職して初めての冬を迎える前、

春までにやろうと考えていたことがいくつかあった。

だが、日々の生活に追われるばかりでたいしたことはしていない。

何もしていないわけではないが、

思っていたことの半分もしていない。

意気込み過ぎていたとも言える。

退職してからは全ての時間が自分の時間となっているが、

それでも時間が余ることなどないのだ。

周りを見渡すと、ものすごい仕事量をこなしている人もいる。

関心することもあるが、

同じことをしようとは思わない。

私には私のペースがある。

色々と抱えているものもあるのだから、

その時にできることを無理せずやるだけだ。

これからは目標の立て方も変わりそうである。

のんびりといつも心豊かであることが前提であり、

その上でやりたいことをやる。

これに尽きる。

今は日々目まぐるしく変化する市場を眺めているのが楽しい。

ぼんやりしていると強制退場を食らうことになるが、それがまたよい。

ブログに書きたいことがまだまだたくさんあって、思いを巡らせるだけで楽しくなる。

もうすぐでバイクを出せる。

行きたいところだらけで、つい意気込んでしまうが、

のんびり走り出そうと思っている。

6件のコメント

  1. ひょっとして、真冬の降雪量がバスより高くなる地域ですか?…

    私もバイク、乗りたいです。
    Kawasaki

コメントを残す