今日は月に一度のアイヌ語勉強会の日。

テーマは春について。

◯パイカラ エク!

春のことを「パイカラ」と言う。パイカラ エク(パイカラ=春、エク=来る)で、「春がやって来る。」、または「春がやって来た」の意。

春はパイカラ、夏はサク、秋はチュク、冬はマタと言う。

この時期は建物の軒下に氷柱(つらら)が伸びていたりするが、

氷柱のことをノキぺコンル(ノキ=軒、ぺ=滴、コンル=氷)、ノキコンル(ノキ=軒、コンル=氷)などと言う。

ここで言う「ノキ」は日本語の「軒」と同じ。日本語から来たのか、それともアイヌ語が先なのかはよくわからない。

雪崩のことをウパシホルッケ(ウパシ=雪、ホルッケ=崩れ落ちる)と言う。

日中に少しとけた雪が夜に再び凍ることを繰り返すことによりしだいに雪面がかたくなるが、この堅雪のことを「ウカ」と言う。

降り積もったままのふかふか雪の呼び方はよくわからない。言うとすれば、アシリウパシ(アシリ=新しい、ウパシ=雪)か。

◯狩りの季節

雪の上を歩く時、アイヌ民族は軟雪用(テシマ)と堅雪用(チンル)のかんじきを使い分ける。

どちらもコクワの弦などで手作りしたものだが、形状が微妙に違っていて、軟雪用のテシマの方がつま先が上に向いている。

真冬は雪がやわらかいためテシマを使っても移動しずらい。堅雪になると狩りが本格化する。

狩りのことをイラマンテ(イ₌それ、ラマンテ=狙う)と言う。

狩りが上手い人のことをイソンクル(イソン=狩りが上手い、クル=人)、狩りが下手な人のことをイペサックル(イペ=食べ物、サク=無い、クル=人)と言う。

足跡のことをルウェと言うが、

雪や地面についている動物の足跡をイルウェ(イ=それ、ルウェ=足跡)、アピㇼなどと言う。

ほら穴のことをポㇽと言うが、熊の巣穴はカムイチセ(カムイ=神、チセ=家)と言う。

蜂の巣はソヤチセ(ソヤ=蜂、チセ=家)、鳥の巣はチカㇷ゚セ(チカㇷ゚=鳥、セッ=寝床)。

雪面がかたくなると、チンル(堅雪用かんじき)でウカ(堅雪)の上を歩き、冬眠している熊の巣穴へ狩りに行く。

捕らえた母熊は殺すが、巣穴に子熊がいたら連れて帰り、家族同然に大切に心を込めて育てる。

子熊が1~2歳に成長すると、イオマンテ(イ=それ、オマン=送る、テ=~させる)の儀式を行い、

最高のお酒や食べ物などとともに、子熊の魂をカムイコタン(カムイ=神、コタン=村)へ送り返す。

熊は、食料や毛皮などを運んできてくれる非常に位の高い神とされ、キムンカムイ(キムン=山、カムイ=神)、カムイ(神)などと呼ばれている。

熊を日頃から畏れ敬い、子熊をも大切に育て感謝の気持ちを込めて丁重に送り返すことにより、熊がまた自分たちのところに来てくれるものと考える。