株式投資が面白い

今日で2月が終わる。

公務員を早期退職して11ヶ月になる。

若い頃には冬が長く感じていたが、この冬は短い感じがする。

3月下旬までの期間限定で、某医療機関の夜勤当直の仕事をしているが、

こういう仕事をしていると日が過ぎるのが早い。

いい経験ではあるが、

長く続けようとは思わない。

仮眠できる時は寝ているが、いつ何が起きるかわからないので休まらない。体調を整えるのが難しい。

普段からイマイチ思考が深まらず、パワーも少し落ちていて他の仕事にも十分に集中できていない。

やはり今は、

全ての時間を自分の好きなように使いたいと思う。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

冬だし、コロナだし、

当直の仕事で遠出もできないし、

この冬は家に居る時間が長いため、株式投資に注力している。

15年以上前から投資信託をしているが、公務員在職中はほぼほったらかしであった。

市場と真剣に向き合うようになったのはちょうど去年の今頃で、

退職金の一部を充て、日本と米国に広く薄く投資することをイメージするようになっていた。

退職金をもらう前から勉強していたのが役立っているが、知識だけでは戦えない。

地に足のついた形で経験を重ねていくことが大切で、

ちょびちょびと本当に少しずつ、

心と体を慣らすようにして徐々に投資額を増やしてきた。

今は、日々の世界の政治経済の動向が私の心を揺さぶってくる。

ほどよい刺激に包まれ、毎日やり甲斐がある。

方々に重層的にアンテナを張り巡らし、多くの情報を仕入れ、学び、思考し、リアルタイムで方針をアップデートしていくのが楽しい。

ついこの前までは、株式投資による収益は不労所得だと思っていた。

博打にしようと思えば博打にもなりうると思うが、

今は、投資は、知的労働だと思っている。

ビジネス、仕事だと思っている。

失敗はつきものだが、大失敗だけはしないように注意を払っている。

何が起きても動じないよう、

たくさんのシナリオを想定し、覚悟した上で臨むようにしている。

高い緊張と、高度な学びと判断力が要求される。

自分に都合のいい思い込みは通用しないというのも面白い。

想定外だと主張しても、どんなに言い訳しても、起きてしまったら元に戻ることはないのだ。

やる以上は全ての事態を想定し、準備しておくしかない。

思い込みに左右されず、本当の意味で客観視できるかが問われる。

これからどんなことが起きるかわからないが、

私は投資が好きだ。

コメントを残す