想定内の下落だがやはりショック

夜勤明けで頭が全然動かないのだが、容赦なく動く株式市場をなんとなく眺めている。

昨日のNY市場は、ダウもナスもS&P500もまとまった下げとなり、

その流れで今朝の東京市場も大幅に下げている。

私の持ち株も軒並み下がり始めた。

2/25のNYで前日比▲37,630円、

今日2/26の東京は前場引け時で▲46,924円。

覚悟していたこと、想定していたこととはいえ、現実になってみるとやはりショックである。

ショックだが、

こうなった時の準備もしているし、動揺はしていない。

とりあえずぼんやり眺めていようと思っている。

今はよくわからないが、

自然と道筋が見えてくると思っている。

今は後頭部をいきなり殴られたような感じ。

まあ、いい経験ができてるのだと思う。

2件のコメント

    • 今日の急落からさらに下がることも考えられますが、金融緩和政策は継続されるので、基本的には上を目指す相場だと思っています。狼狽売りさえしなければ、過去を見てもいずれ必ず戻るわけですし。

コメントを残す