歳神様と七草覚えうた

今日は1月7日。1月7日と言えば真っ先に七草がゆを連想する。

せりなずな ごぎょうはこべら ほとけのざ すずなすずしろ 春の七草~♪

と、和歌のリズムに乗せて名前だけは覚えている。

これを聴いたら一発で覚えてしまう。つい口ずさんでしまう(笑)

七草がゆを食べたらお正月気分に区切りがつく。

松の内もこの日まで。注連縄などの正月飾りを外す。

ここで注意しなければならないのは、鏡もちの扱い。

鏡もちには、松の内の期間中ずっと歳神(としがみ)様が宿っている。

歳神様をきちんとお送りするために、鏡もちを「開く」必要がある。

鏡開きは1月11日。

鏡もちを開いて、歳神様をお送りし、歳神様の去った後の鏡もちを大切にいただく。

硬いからと言って処分してしまうのではなく、残さずに全部食べるのが礼儀である。

また1月7日は人日(じんじつ)の節句。かつてはこの日の天候で一年の運勢を占っていたと言う。

天気予報によると、また雪がたくさん降るらしい。

この冬の大雪をどう受けとめるかは自分しだい。

まずは歳神様に感謝しつつ、和歌のリズムで七草がゆをいただきたいと思う。

3件のコメント

    • こんばんは。誕生日ではありません(笑)日本では、お正月に「歳神様(としがみさま)」と言う神様が各家庭に幸せをもたらすためにやってくると信じられてきました。八百万の神の国、日本らしい考えだと思います(^^)

      • :-), j’aime bien les interprétations-traductions, merci pour votre réponse, et j’aime cette idée d’un endroit où il n’y a pas de dieu unique, très bonne journée

コメントを残す