人生をまっとうするために公務員を辞めた

私は公務員を辞めたが、仕事をやめたわけではない。

自分本来の仕事をするために組織から抜け出した。

公務員の仕事も仕事には違いないのだが、

それは、私個人が思う仕事とは内容もやり方も大きく異なっていた。

これからの自分は何をなすべきか。

齢50を数え、

私自身が心から必要と思うことに向き合うために、私は公務員を辞めたのだ。

私の考える仕事とは、何かの犠牲になることではない。

次の世代に、先人から引き継いできた生のエネルギーを伝達していくことだと思っている。

私は生まれてきた以上、この人生をまっとうしようと考えている。

そのために毎日どんな気持ちで過ごしていこうと、私は思うのか。

これは100人いたら100通りあると思うが、

要するにその人なりに今を生きることが大切だと思っている。

次の世代に伝え残すとはどういうことか。

言葉や文字の形にしたとしても、それだけ手渡しても何も響かない。

やはり生き様を示すことだと思っている。

私にも人生の先輩たちがいた。

先輩たちはその時代をどう生きてきたか。

その思いを受けとめ、その思いを胸に、私も今を生き抜き、自分なりの人生をまっとうする。

自分に嘘をつかない生き方であること。これに尽きると思っている。

私が自分の人生をまっとうできるかどうかは、死ぬ瞬間までわからない。

だが、私は挑戦を始めた。

挑戦を始めることができたのも、たくさんの縁や運の巡り合わせがあったからであり、

すべての縁に感謝している。

今日も素晴らしい天気。

美味しい水をありがとう。

美味しい空気をありがとう。

私が一日のうちにできることはほんのわずかであるが、

あらゆる恵みと縁に感謝しながら、今日も楽しい一日を過ごしたいと思う。

それが今の私の仕事だと思っている。

コメントを残す