SPYDについて

今月に入ってからダウ平均、ナスダック、S&P500の米国主要3指数全てが下落トレンドになり、私の資産評価額も目減りしている。

これからさらに暴落する可能性もあるが、私の基本的な投資戦略はバイアンドホールド。

株価がどうなろうが持ち続けるつもりであり、いくつかのセクターに薄く広くアンテナを張るようにしてETFを持っている。

ハイテク(QQQ、TECL、VGT)、ヘルスケア(VHT)、債権(AGG、VGIT)、生活必需品(VDC)、S&P500連動(VOO)、高配当(SPYD、HDV、VYM)グロース(VTI)等々。

その中で、今、SPYDに注目している。

SPYDはS&P500の中から高配当銘柄80社に投資し、リターンを得るETF。

高配当ETFとして非常に有名で、配当利回りは他の高配当ETFであるHDVやVYMよりもずっと高い。

ただ、今回のコロナによる暴落局面では他のETFに比べ株価の下落率が大きく、戻りも遅くなっている。

対象銘柄の入れ替えを頻繁に行ってはいるが、コロナでどこの企業も業績が振るわない中、今月も大幅な減配が発表された。

そのため、SPYDの今後に不安を抱く投資家も多いのだが、

私は逆にチャンスかもしれないと思っている。

まず、今は不人気のため安くなっており非常に買いやすい。

今でこそコロナの影響で配当も株価も低迷しているが、

コロナが通り過ぎ、経済が活発になると、そこからかなりの速度で上げてくる可能性がある。

もしそうなると、株価と配当がダブルで急激に上昇することになる。

たしかに今は沈んでいるが、今のような安いうちに仕込んでおくと、後で大きなリターンに繋がる可能性がある。

タイミングを上手く掴むと、大化けするのではないかと思うのだ。

今、SPYDは暴落に弱いと言われているが、

私の見方は少し違っていて、

SPYDは他の銘柄よりも実体経済を反映した株価となっており、むしろ健全だと思っている。

悪い時には落ち込むのが当たり前だと思うのだ。

世界的に経済活動が再開されてはいるが、コロナは収束していないし、企業業績が改善する見込みも立っていない。

こうした中、株価がここまで上がる方がおかしい。低迷するのが当たり前だと思う。

私はSPYDが暴落に弱いとは思っていない。

これから高くジャンプするために屈んでいるのだと思っている。

私が思うような展開にはならないかもしれないが、

SPYDにはタイミングを見ながら積み増しをしていくつもりでいる。

とにかく、あちこちにアンテナを張っておくと面白い。

SPYDだけ持っていてもおそらく気づけなかった。

株に限らず、木だけでなく森を見ることが大事だと思う。

どうしても一か八かの勝負をしたい人もいると思うが、

市場に長く留まることにより見えてくるものもある。

勝負を急ぎ、チャンスを逃してしまってはもったいない。

うちの生活も楽ではないけど、焦らず粘り強く、毎日を楽しみながらやっていきたいと思っている。

2件のコメント

  1. 私は経費率の低いVYMを1株保持していますが、キャピタルゲインは芳しくありません。下落しているアップル株とともに買い増して仕込もうと思います。それにしてもナスダック、情報技術系ETFの騰落は激しいですね。TECLの損益率は50%低下しました。。。

    いいね: 1人

    • kazanさんおはようございます(^^)私もタイミングを見ながらアップルなどを買い増したいと思っているところです。ハイテク関連の下落は大きく見えますが、調整に過ぎず、まだかなりの高値圏。動き出したら凄いことになるかもしれませんね。

      いいね: 1人

コメントを残す

コメントを投稿するには、以下のいずれかでログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中