これからの労働とお金と生活

これからは、どこかで働こうと思っても以前のように働ける場所がない。

国内市場は縮小に向かう。

少子化がここまで進行した以上、

モノを作っても売れない。売れないから作らない。

作らないから仕事がない。仕事がないから労働力も要らない。

生産力が下がり、税収が減り、

インフラの維持もできなくなる。

お金をあまり持てなくなるし、持っていても使えなくなる。

…..なんてことも頭をかすめたりする。

そこまで一気に飛躍しなくても、

とにかく、どこかに就職して働くのが当たり前の時代ではなくなっている。

ならば、自分でやればいい。

変わり目には不安を感じるものだが、チャンスでもある。

いつどうなるかわからない会社組織に依存するのではなく、自分でやりたいことをやればよい。

市場の総体としては縮小が始まっているが、新しい需要も生まれてきている。

お金で解決できないことも増えてくる。

お金以外の価値が見直され、お金がなくても私たちの生活が安定するようになる。

その上で、持てる資産を適正に配置し、ニーズに合った形で産業、雇用環境が再構築されていく。

そんな未来を妄想している。

コメントを残す

コメントを投稿するには、以下のいずれかでログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中