人と会うということ

先日、ある知人と夕食をともにした。

彼は私より6歳年下で、今は某地方自治体で働いている。

彼は私のブログを読み、新たな歩みを始めた私と話をしたいと言ってきた。

彼自身も今の行政のあり方に強い違和感を持っているようである。

彼の近況やこれからの生き方、行政機関のあり方などについて話ができるかと思い、共通の知人も加わって3人で会った。

会ったのだが、

正直なことを言うと、私にとっては有意義な時間ではなかった。

それどころか、久々になかなかの苦痛であった。

彼は日頃から政界マニアを自認していることもあり、次々とその筋の話が出てくる。

その大半は、いくら聞かされても私にはどうでもいい話である。

政治の話なら私もそこそこ知っているが、この場で私が話したいと思うことはそれほど多くない。

だが彼の話は終わらない。終わったかと思ったら、すぐにまた同じような話が始まる。

いつまでこんな話をするつもりなのか。

今この話を持ち出すことがいったい何になるというのか、この人は何が目的なのかと思いながら、とりあえず聞いていた。

彼の真意はわからないが、私は、要するにこの人は自慢したいのだと感じていた。

色んなことを知っていて、凄い人だ!と思われたいのだ。

と、思ってしまった。

その瞬間に全て白けた。

もちろんこれは、私がそう思ったということに過ぎない。

彼は彼なりに経験を重ね、深みのある人間なのだ。

そう思って、私は彼と会ったのだ。

彼は何かを持っているはずだ。

と思いながら彼の話を聞いていたのだが、私は、何かしらの手がかりを見つけることができなかった。

見えている世界の違いを感じ、

私が何か話しても、彼には私の話すことの意味が半分も伝わらないだろうとも思った。

しばらく聞いているうちに私は絶望し、ほぼ気絶状態になった。

共通の知人が察してくれたので、なんとか区切りをつけることができたのだが、

振り返ってみても、実につまらない時間であった。

私の感覚では、人と会うということは、その人の時間を奪うことだと思っている。

私が暇をしていると思っているのかもしれないが、それはとんでもない思い違いだし、とても失礼な態度だ。

今の私は雇われている人と違い、24時間365日全ての時間で勝負している。

自分の時間と向き合うために仕事を辞めて挑戦しているのだ。

私の生き方に興味があるということは、こうした基本的なところを踏まえているのだと思い彼と会ったのだが、何がなんだかわからなくなった。

私なら、誰かと会いたいと思うなら、どんなに親しい関係であるとしても自分の胸のうちを何度も確かめるし、相手の立場に立ってよく考えた上で申し込む。

これは、わざわざ教えられなくても最低限のマナーだと思っている。

私の勘違いだと思いたいのだが、彼にはそうした思考回路がないように感じてしまった。

私は彼のことを信じているが、あの夜は本当に苦痛であった。

私にはやることがたくさんある。

他人の自己満足に付き合っていられるほど暇じゃない。

私にはよくわからないが、彼は彼で思う道を進んで欲しい。

うん、やはりあの時のことは忘れたい。

こうしてブログを書いたので、区切りをつけようと思う。

高校の同級生の店で超絶美味しい麻婆豆腐を食べていたはずなのだが、ほとんど覚えていない。

なので、また近いうちにすすきのくま蔵に行こうと思っている。

4件のコメント

  1. 私も同じような経験をした事があります。
    お気持ち、お察し致します。
    ゆたかなおなかサンのおっしゃる通り、そういった方には何を言っても伝わらないですよね。
    「気絶」の表現
    私もあの時そうだったんだ〜と今わかりました(笑)
    読ませて頂く度に、バイタリティを感じると同時に元気をもらってます。

    いいね: 1人

  2. yuubishyoutenさんこんにちは。興味のない話を延々と押しつけられることって、けっこうありますよね。悪い人だとは思いませんが、とてもじゃないけど付き合ってられません。向こうはこちらを無知だと思っていることも少なくないので、最初から噛み合わない。始まったら、仕方ないから逃げるしかないと思っています(^^;

    いいね: 1人

  3. 激しく同意します、初対面の人って警戒感と観察を同時に行うので頭を使いますよね、無駄だと思うと早く視界から消えてくれって願いながらそれでも時間は過ぎていくってのはホント嫌です!

    いいね: 1人

    • きたじましゃぶろうさん、おはようございます。コミュニケーションを取ること=自分を売り込むことだと思い込んでる人がいますが、唐突に押しつけられても困ってしまいますよね。私は会話を始める時はその相手に関心を持って接しています。そして相手がこちらに関心を持って聞いてきたことに簡潔に答える。この積み重ねから信頼関係が作られると思っています。

      いいね: 1人

コメントを残す

コメントを投稿するには、以下のいずれかでログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中