アペフチカムイ

火を見ていると、逆に火に見られているような気がしてくる。

そのままもっと火を見ていると、実は今だけでなく、普段から火に見られているような気がしてくる。

私のことをそんなに知っているのなら、話をしてみようと思う。

いいフリこいても仕方がない。

自分から無駄なものが削ぎ落とされ、

無意識に最初に口から出てくる言葉は、自分でも意外なことだったりする。

そうして素直に話すことができたら、

アペフチは私の言葉をちゃんと受けとめて、私にもちゃんと話してくれる。

アペフチを見つめたまま、いくつかのやり取りを繰り返す。

話した端から何を話していたのか忘れているようだが、それでいい。

本当は忘れてはいなくて、アペフチの煙とともに体の奥深くに沁み込んでいる。

私の体がそれを裏切ることはない。

そうしてまた一日を無事に過ごしたら、

また新しい火を見るのだ。

体に新しい何かを馴染ませ、翌日はその新しい体で生きる。

そして夜にはまたアペフチと話し、新しく何かを馴染ませて、また新しい朝を迎える。

コメントを残す

コメントを投稿するには、以下のいずれかでログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中