国内市場の縮小を受け入れる

日経平均は前日のNY市場に引っ張られることが多いが、ここ数日少し別々の動きが出ているような気がする。

簡単に言うと米強日弱。NYダウやナスダックは堅調だが日経は少し下げている。

私は両方の市場に少しずつ投資しているが、今までとは少し違うものを感じている。

この違和感はなんだろう。

私は米国と日本の市場将来性の違いではないかと思っている。

要するに、アメリカ市場は今も規模の拡大を続けているが、少子高齢の進む日本の市場は萎んでいくという直感である。

米国市場が調整を繰り返しながらも成長を続けているのに対し、日本市場はこれ以上行きたくても行けない。すでに限界点に達しているような気がするのだ。

私の思い過ごしかもしれないが、

アフターコロナに即した資源や労働力の再配置が進まない限り、国内市場はジリジリと縮小していくしかないのではないか。

例えばIT技術の導入状況を見ても、日本は世界の動きから大きく遅れている。

コロナが蔓延するずっと前から、日本は時代の変化に対応できていないのだ。

私たちはまず、この現実を冷静に受けとめる必要がある。

無闇やたらと成長を追い求めればいいというものではない。

今となっては、成長できないものは逆立ちしてもできない。いくら拒んでも縮小するものは縮小する。仕方がないのだ。

まずは現実を受け入れ、これから私たちに起きることを冷静にイメージする。

その上で実効性のある戦略を立て、実際に行動を積み重ねていく。

もう、それしかないと思う。

2件のコメント

    • 日本の行政などはいまだに右肩上がりの時代の発想を引きずっているところがありますね。「縮小」や「後退」という現実を受け入れることができていない社会だと思います。ですが個人がそこに巻き込まれる必要はないと思います。目鼻を普通に利かせれば見えてくるものがあります。私も泥舟を降りました。

      いいね: 1人

コメントを残す

コメントを投稿するには、以下のいずれかでログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中