夢の余韻

昨夜は雷が鳴っていた。もうすっかり明るくなったが、まだ少し雨が降っていて風も強い。

夢の中で、「どこかその辺りの綺麗な木の上に、空から何かの神様が落っこちてきたんだ。」などと思っていた気がする。

私たちが生活しているこの世界は、本当によくできているが、

突然に変わったものが落っこちてくるというのも面白いものだ。

などとも思っていた気がする。

稲光を感じて、少し遅れて雷鳴が響いていたが、その時に何がやってきたのかまではよくわからない。

わからないけど、これでまた何かが変わるのだろうと、そんな風にも思っていた。

劇的なものではないけど、こうしたことが少しずつ、気づくか気づかないかもわからないくらいだけど、確実に私たちの世界を変えていくのだと、そう思っていた。

そんな感覚に浸っていたところで朝になり、目が覚めた。

目が覚めてから、もっと詳しく思い出そうとするのだが、思い出そうとしているそばから忘れていってるみたいで諦めた。

今は、アイヌ民族に伝わるアイヌラックルの伝説が頭に浮かんでいる。

どんな夢だったか、細かいことは毎度忘れてしまう方だが、今朝も余韻は残っている。

コメントを残す

コメントを投稿するには、以下のいずれかでログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中