マカヨタ

春の陽気に誘われ、DRで河川敷を散歩していたら、土手にたくさんのフキノトウを見つけた。

幼い頃、5~6歳の頃にフキノトウの天麩羅を食べたことを思い出す。

当時は苦くてあまり美味しいとは思わなかったのだが、何故かあの味がとても懐かしく、また食べてみたくなった。

春の陽を浴び、キラキラと輝くフキノトウたちはとても綺麗だ。

食用に適した、花が開く前の蕾状のフキノトウを探すが、なかなか見つからない。

今年は雪解けが早かったので、時期的に少し遅いのかもしれない。

ほとんどが大きく花を開いており、茎状の葉が上に伸び始めているものも目立つ。

たくさん生えていても、交通量の多い場所は避け、葉や花が茶色にくすんでしまっているものは除外する。

条件に見合うフキノトウはありそうでなかなか見つからない。

また、根には毒性があり、花は苦味が強い場合があるらしい。

蕾状のものを採り、食べれそうなものは花と葉を丸ごと天麩羅にしたいのだが、花も外すかもしれない。

葉だけでも美味しくいただきたいものだ。

そんなことを考えていたら、

宮島沼の少し北、石狩川河川敷の土手に群生する綺麗なマカヨたちを見つけた。

ここは車道から離れており、あまり人が通らないところである。

綺麗なマカヨがたくさん生えているので、自分の中でこの場所をマカヨウシ(マカヨ=フキノトウ ウシ=生えている)と名付けてみた。

花が開いて伸びきってしまったマカヨも多いが、蕾状のものもチラホラ見つかる。

シリコロカムイに挨拶をして、自己流の短いカムイノミをしてから、マカヨたちひとつひとつと対面してみた。

フキノトウを採ることをアイヌ語でマカヨタ(マカヨ=フキノトウ タ=採る)と言う。

マカヨと話をして、「採ってください。」と言ってくれたマカヨを少し採ってきた。

上手くできるかわからないけど、とにかく感謝の気持ちでありがたくいただくことにします。

コメントを残す

コメントを投稿するには、以下のいずれかでログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中