生ニシンをそのまま焼いてはいけない

昨日、スーパーに行ったら生ニシンが激安だったので2尾買ってきた。

しかし調理に失敗してしまった。

下ごしらえを一切せずに生ニシンをいきなり焼いた結果、

  • 身が崩れやすく、ボロボロになった。
  • 味が薄く、物足りない。
  • ウロコが邪魔で、皮を食べられない。

…当然の結果である。ニシンに申し訳ない。

簡単にできることをしなかったので後悔している。

下ごしらえについて知ってはいたが、

「焼いてしまえば、丸干ニシンとそんなに変わらないだろう。」と、つい横着してしまったのだ。

ウロコが浮き上がり、水分が多く残っているため、焼いてる時から身が崩れ始めている。

皿に移す際には完全にバラバラになってしまった。

当たり前のことだが、丸干ニシンとは全然違う。

内臓を取るのも、洗って、塩につけて、水気を取ることも、全て理由がある。

今回は失敗してしまったが、それなりに美味しくいただくことはできた。

ニシンの神様にあらためて感謝。

魚を捌くのは得意ではないが、リベンジしたい。近いうちにまたやってみる。楽しみである。

コメントを残す

コメントを投稿するには、以下のいずれかでログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中