1991中津川林道

私はとにかく林道が好きだ。でも、速く走ろうとは思ってなくて、一人で景色を堪能しながらトコトコ走っている。

ただ、学生時代はちょっとしたオフロードブームだったこともあり、何度か数人で山に入ったことがある。

これは1991年秋の中津川林道の三国峠。寮の先輩と同期、そして私の3人で走った時の写真。

一緒に写っているのはヤマハDT200で豪快にダートをかっ飛ばす、寮の一年先輩、K林Y太郎さん。

この時のことは、けっこうよく覚えている。

朝9時頃、のんびりと練馬の寮を出て、3台のオフロードバイクはタラタラと飯能、名栗経由で秩父へ。

ところが、ずっと続いたタラタラモードが大滝温泉から中津川沿いのダートに入るなり一変する。

いきなり目の色を変えてぶっ飛んでいくY太郎さんの後を、

BAJA250を駆る同期のT永とともに必死に食らいついていく。

Y太郎DTは信じられないくらい速い。ラインの取り方も自分とは明らかに違う。

流石はY太郎さん

前の晩に寮の玄関ホールにDTを入れ、ゴリゴリのオフロードタイヤに履き替えただけのことはある。

大滝温泉までのタラタラ走は、大好きなダートに辿り着くまでゴリゴリタイヤを温存していたからにほかならない。

私のDRとT永のBAJAにはDTのような戦闘力はなく、Y太郎DTについていけるはずもなかった。

しかし、先輩が行くなら全力でついていくしかない。

マシンやタイヤの状態がどうであれ、その時の全力を尽くす。それが寮生魂というもの。

基本的にY太郎DTとの差は広がるばかりだが、Y太郎DTは何故か時々道端で横になっていて、そのたびに私とT永は大先輩に追いつくことができた。

Y太郎DTは擦り傷が増えただけでなく、激しい衝撃でマフラーやウインカーなど、色んな部品が外れかかっている。

プラプラした部品がもげ落ちたりしないように、時々確認しながら、道端の草で縛り、外れかけてはまた縛りの繰り返し。

どんなに傷ついても怯むことのない果敢な走り。Y太郎DTの排気音がけたたましく秩父の山にこだまする。

ソロの林道ツーリングではほとんど疲れを感じないが、この時はさすがに疲れた。

三国峠から川上牧丘林道を南下して山梨に辿り着いた頃には、チームとしてのペースは落としたが、景色を楽しんだりする余裕もなく、文字通りヘロヘロ。

最後は暗くなってきたので、中央道で練馬の寮に帰還したという、学生にありがちなめちゃくちゃな弾丸走だった。

気心の知れた仲間内なのだけれど、若さ故の見栄みたいなのも交錯し、チームで走るとのんびり自分のペースで走ることはできない。

しかし、けっこうな走りだった。こういう走り方は疲労感も凄いが、なんとも言えない達成感もある。

同期や後輩となら自分のペースを主張することもできただろうが、一年先輩のY太郎さんがいるのだから、全体の流れはY太郎さんペースになる。

あの時の攻め続けた走りは、私の中に深く刻み込まれており、思い出すたびに思わず笑ってしまいそうになる。

あらためて地図を確認して、あの旅をもう少し正確に思い出しておきたい。そしてもう一度、DRで中津川林道を走りたいと思っている。

コメントを残す

コメントを投稿するには、以下のいずれかでログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中